窓・ドアの取り替え | どんな窓でも修理する窓の専門店ドクターウィンドー(長崎県諫早市)

窓・ドアの取り替え

◆諫早市、諫早地区、北諫早地区、上諌早区、真城地区、真崎地区、真津山地区、小野地区、有喜地区、長田地区、みはる台地区、上山地区、御立山地区、本野地区、小栗地区、西諌早地区、高来地区、小長井地区、森山地区、飯盛地区、喜々津地区、大草地区、伊木力地区
◆大村市、◆雲仙市、◆長崎市、◆西彼杵郡、◆島原市

などのガラス割れ替え(交換)・修理はお任せ下さい。緊急割れ替えから、すり・フロスト・ぼかし・異形、強化ガラス・防火ガラスまでどんなガラスにも対応いたします。

どんなガラスもお任せください。ガラスの緊急修理お任せ下さい 。

(カバー工法)

お住まいの顔である玄関も今では簡単に交換することができる時代になりました。壁や柱を改修する大がかりな工事ではなく、リフォーム専用に開発されたカバー工法の商品なので、安価で短時間の施工が可能です。
引き戸やドアタイプ、勝手口タイプの種別はもちろん、お住まいのイメージに合ったデザインやカラーの中から、ご家族のお気に入りのデザインをたくさんの中から選ぶことができます。
見た目がガラリと変わるだけでなく、既存の玄関に比べ、断熱性能や防犯性能が格段にアップします。

交換施工前

交換施工後

1日で高機能ドアにお取替え。その日のうちに生まれ変わります。

古いドアの取り外し → 不要な部分の切り取り → 新しい枠の取付 → 内外に額縁を取り付け → 細かい補修やチェックを行って完了

同時に防犯対策もバッチリ。

ピッキング対策 破られにくいツーロックには開錠しにくい高性能のシリンダーを採用。ピッキング対策にも効果的。
こじ開け対策 こじ開け対策に有効な鎌付デッドボルトを上下2箇所に採用。玄関ドアとのかみ合わせ部分が強化され、防犯性能がさらに向上します。
ガラス割り対策 ボタンを押すだけでサムターンが取り外せるセキュリティサムターン。外出時や就寝時に外しておけば、玄関ドアのガラス部分を割られて手を入れられても、開錠される心配がありません。

省エネ仕様でエコ生活に貢献

断熱仕様のドアは外からの熱の侵入を抑え、室内の冷暖房効果を維持。また、採風タイプなら、ドアを閉めたまま安全・快適に空気の入れ替えができます。

明るく美しいデザインでリフレッシュ

ドアから差し込む自然光で古く暗い玄関が明るく生まれ変わります。横格子デザインや縦スリットデザインなど、豊富なバリエーションから選んでいただけます。
リシェントは玄関を新しくするだけではなく、玄関の採光や通風の快適効果も大幅にアップできます。最新のカギ設備搭載で防犯性能もアップ。断熱材や複層ガラスを使用しているので断熱効果アップのいいとこどりができます。
なおかつ、短時間で施工完了する「ワンデイリフォーム」なので、煩わしさがありません。

左から)玄関ドア、玄関引き戸、勝手口ドア

サッシ交換(カバー工法)

今ある窓枠の上に新規の窓枠を被せる窓のリフォーム工事をカバー工法と呼びます。
壁や床を壊したりする大規模な大工工事と違い、比較的簡単に取り付けができる工事内容なので、時間と金額、手間を省くことができるのが大きな特徴です。
工法上、建物の強度に影響を及ぼすことなく施工ができるため、比較的短時間で取り付け工事が終了できます。
カバー工法には大きく3種類ほどありますが、弊社が現在特許申請中の発砲工法は、既設の窓枠と新規の窓枠の隙間に発泡ウレタンを充填する画期的な工法で、振動や粉塵・廃材の発生が少なく済み、1窓当たりの施工時間も大幅に短縮できます。

フロアヒンジ交換工事

ドアの開閉スピードを調整する装置には、ドアクローザーとフロアヒンジがあります。一般的に、住宅用ドアには、ドア上部に取り付けるドアクローザーを使用し、ビルや店舗の入り口ドアなど重量のある大きめのドアにはフロアヒンジを使用します。
フロアヒンジは、ドアの軸下の床に埋め込んでドア本体の重量を受け、その開閉スピードを制御する装置で、通常は目にすることはない部品です。

ドアが急に開いたり閉じたりすることのないよう、本体内部の油圧装置で調整します。閉まり始めはスピードが早くても(第1速度)、ドア枠に挟まれることのないよう、閉まる直前にスピードを緩める(第2速度)などの調整ができます。
地面の中にボックスごと埋められているため、中に雨水などがたまることも多く、年数が経つと写真のようにサビだらけになり腐食が激しく進行します。最終的には本体内部のオイルが漏れ、開閉がコントロールできなくなります。ドアが勢いよく閉まるようになったり、きちんと閉まらないようになったときには、フロアヒンジそのものを交換する必要があります。
フロアヒンジを交換する場合は、ドアの脱着作業が必ず伴います。従って、フロアヒンジ本体の価格のほかに、付随する工事作業が発生します。

アクリル板(浴室折れ戸)交換サービス

ユニットバスの普及にともない、浴室のドアも進化してきました。一昔前の木枠の扉から、アルミのドア、そして現在は、写真のような中折れ式のドアが主流になっています。
出入りするためだけの単なるドアではなく、カビの発生を抑える材質を用い、お掃除しやすい構造を取り入れ、下桟には換気口を設置するなど、ジメジメした昔の浴室のイメージを覆す清潔感あふれる仕様のドアです。
昔はガラスをはめ込んでいた部分も、いまではプラスチックの一種であるアクリル板を使用しています。ガラスであればお年寄りや子供さんがぶつかって割れたときに大ケガをすることがありますが、アクリル板であればその危険を大幅に減らすことができます。見た目はほとんど変わりません。
しかし、このアクリル板もモノをぶつけたときに割れることがあります。ガラスではありませんが、リマド・ステーションでは、この浴室ドアのアクリル板の交換も承っております。厚みも何種類かありますので、詳しくはサービススタッフがお伺いし、調査させて頂きます。