窓の調整・修理 | どんな窓でも修理する窓の専門店ドクターウィンドー(長崎県諫早市)

サッシの調整・交換

◆諫早市、諫早地区、北諫早地区、上諌早区、真城地区、真崎地区、真津山地区、小野地区、有喜地区、長田地区、みはる台地区、上山地区、御立山地区、本野地区、小栗地区、西諌早地区、高来地区、小長井地区、森山地区、飯盛地区、喜々津地区、大草地区、伊木力地区
◆大村市、◆雲仙市、◆長崎市、◆西彼杵郡、◆島原市

などのガラス割れ替え(交換)・修理はお任せ下さい。緊急割れ替えから、すり・フロスト・ぼかし・異形、強化ガラス・防火ガラスまでどんなガラスにも対応いたします。

どんなガラスもお任せください。ガラスの緊急修理お任せ下さい 。

クレセント調整・交換

クレセント取替前

クレセント取替後

クレセント(クレセント錠)とは、引違いのサッシについている三日月型の締め金具で鍵の役目をする部品です。
経年劣化により、ビスが緩んだり、中の小さな部品が破損したりすると、鍵部分の回り具合が固くなったり緩くなったりして、調整や交換が必要になることがあります。年数が経った商品の場合は、純正品の取り寄せが難しくなるため、汎用品での代用となることが多くなります。

一般的な引違い窓の場合は、右側の内障子に鍵部分が取り付けられ、左側の外障子に受け金具が取付けられています。ただし、4枚引きの引違窓の場合は、左右の向きが対になっている商品を各1個ずつ使用します。

戸車交換

横に滑らせて開け閉めするタイプのサッシ・障子にはたいてい一番下に戸車という部品がついています。
このクルマ部品がクルクルと回ることで容易に開け閉めできるようになっているのです。

ただ、年数が経つにつれ、戸車部品そのものが破損したり、または砂やホコリや髪の毛、ペットの毛などが付着し、大きなゴミとなって開け閉めに力が必要になってくるケースもあります。

また、最近のガラス商品の多様化により、ペアガラスや防犯ガラスの場合だと、通常のガラスの2倍、商品によっては3倍もの重量となり、その増えた分はそのまま戸車への負担となります。最初からそのような重量に耐えられる設計の商品であればいいのですが、例えばリフォームなどでガラスの構成を変えた場合は、当初の設計計算以上の負荷がかかることになり、戸車の不具合、破損が生じるもととなるのです。

小さなサッシであれば、ご自分でサッシ障子を外し、ブラシや刷毛で砂・ホコリを落としたり、いったん戸車を外してシリコンスプレーなどを注すこともできます。
ただ、大きなサッシ障子の場合は、サッシの大きさや重量が大変重くなるため、ご自分で作業されるとケガやサッシ・ガラスの破損のもととなることが非常に多く危険です。そのような場合は、当社のサービススタッフにお任せください。

戸車調整、建てつけ調整

クレセント(窓鍵)のかかりが悪い、レールとの隙間がなく動きが悪くなった、障子そのものがゆがんで左右に隙間ができる・・・などの症状が発生した場合、戸車の高さ調整である程度改善できることがあります。 高さ調整はプラスのドライバーがあればできます。

ほとんどのアルミサッシには、戸車のところに建てつけ調整用の穴がついています。 ご自分で対応できる方は一度チャレンジしてみてください。ネジを右に回すと上がり、左に回すと下がります。 ただし、下げすぎ(左回り)には注意してください。ネジが外れてしまうと、ご自分での対応は非常に難しくなります。

ちょっとしたアドバイス

戸車交換はサッシ枠から障子を外し、いったん枠を分解する作業が必要になる場合があります。このようなケースでは、枠の分解に伴い、ガラスを外すことも多く、ついでにガラスのサッシに固定しているビートやグレチャンと呼ばれるゴム製品をお取替えするのがお勧めです。バラバラに依頼し、そのたびに作業費がかさむよりは、一度にご依頼頂いたほうが割安ですし、またお立合い頂く時間や負担が減ることになります。

サッシゴム(ビート、グレチャン)交換、コーキング打ち直し

窓ガラスをサッシに固定し押さえているゴムパッキン(ビート、グレチャン)は経年により劣化します。とくに室外側は、真夏の日差しや冬の寒さ、雨水の侵入による湿気など、厳しい環境下におかれるため、劣化の度合いが激しくなります。
ひどくなると、パッキンがサッシの枠内に陥没したり、あるいは伸縮性を失って切れたまま垂れ下がったりし、外気や雨水、湿気の侵入を防ぐ役割が果たせなくなると同時に、見た目も非常に悪くなってしまいます。
また、ゴムパッキンではありませんが、シーリング材という接着剤をガラスの固定に使用する工法の場合も、年数が経つと一部切れ目が生じて雨水や湿気が侵入したり、ホコリやカビが固着して汚くなるケースがあります。このケースも新しく施工し直すことをお勧めします。

ドアクローザー調整・設置工事

玄関ドアや事務所などのドアの上部に取り付けられた装置で、開いたドアを安全な速度でスムーズに閉める役割を果たすのがドアクローザーです。
本体の内部にあるオイルダンパーの働きにより、第1速度、第2速度と調整し安全にドアを閉めることができます。
長年の使用により、本体内部の部品が摩耗または劣化することにより、当初の性能が維持できなくなることがあります。黒っぽい油が漏れ出したり、急に開閉スピードが速くなった、遅くなったという場合は、事故につながる恐れもありますので、至急の交換をお勧めします。
なお、ドアクローザーは分解、改造、油の注入は構造上できません。

レバーハンドル交換/オペレーターハンドル交換

ジャロジー窓(ルーバー窓)や縦すべり出し窓など、開閉する際にレバーハンドルやぐるぐる回すオペレーターハンドルを使用するサッシがあります。
これらのハンドル部品はその構造上、長年使用していると動きが悪くなったり、ビスが緩んで取れてしまったり、故障・破損のため交換が必要になってくる場合があります。
これらの場合は、在庫確認のうえ、取り寄せ可能なものであれば交換が可能です。 一部、販売していないサッシメーカーもあるので要相談です。