ペアガラス(複層ガラス)の交換 | どんな窓でも修理する窓の専門店ドクターウィンドー(長崎県諫早市)

ペアガラス(複層ガラス)の交換

◆諫早市、諫早地区、北諫早地区、上諌早区、真城地区、真崎地区、真津山地区、小野地区、有喜地区、長田地区、みはる台地区、上山地区、御立山地区、本野地区、小栗地区、西諌早地区、高来地区、小長井地区、森山地区、飯盛地区、喜々津地区、大草地区、伊木力地区
◆大村市、◆雲仙市、◆長崎市、◆西彼杵郡、◆島原市

などのガラス割れ替え(交換)・修理はお任せ下さい。緊急割れ替えから、すり・フロスト・ぼかし・異形、強化ガラス・防火ガラスまでどんなガラスにも対応いたします。

どんなガラスもお任せください。ガラスの緊急修理お任せ下さい。

ガラスで作る「快適生活」

夏に窓から入る熱は、家全体が受ける熱量の70%以上にもなり、逆に冬に窓から逃げていく熱は全体の熱量のうち48%にもなります。
つまり、窓をリフォームすれば、「夏は涼しく、冬は暖かく」の快適生活のスタートになります。

夏には暑く強い日差しをエコガラスでカット(遮熱)すれば、冷房の効きもよくなり室内も快適な温度に維持ができます。冬には暖房で暖まった熱が逃げていくのをエコガラスがカット(断熱)すれば、暖房の効きも悪くならず、最大限の省エネ効果を発揮できます。
エコガラスが持つ遮熱&断熱機能で、冷暖房を効果的に使用することができるのです。

2枚のガラスに挟まれた「中間層」が、いい仕事します。
2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、断熱効果を高めたガラスを一般にペアガラス(複層ガラス)といいます。
近年はさらに高機能化が進み、ガラスの内側に特殊金属膜をコーティングし、強い日差しを遮る機能を持つガラス(Low-Eガラス)や、空気層にアルゴンガスを注入しさらに高断熱化が進んだガラスが登場しています。最近よく耳にするエコガラスがこれです。

エコガラスにすれば、遮熱、断熱の省エネのほか、防音効果、結露対策、紫外線対策など、いいことが盛りだくさん。
あなたの家にピッタリのガラス、探してみませんか?

お選び頂けるラインナップ

Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)

太陽熱の侵入を防ぎ、涼しく快適。西日対策や紫外線による色あせ防止にも効果的。

太陽の日射熱を50%以上カットして、夏は涼しく冬は暖房熱を外へ逃がしません。冷暖房効率をアップして、節電にも貢献。紫外線も大幅にカットするので、家具やカーペットの退色も抑えます。

Low-E複層ガラス(断熱タイプ)

太陽光を採り込み、冬の暖房熱を外へ逃がさない。部屋のすみずみまで心地よく快適。

冬、室内に太陽光を採り込み、暖房熱を外へ逃がしません。部屋のすみずみまで暖かさを保ち、心地よく快適に過ごせます。不快な結露の発生も抑えることができるので、カビやダニなどの繁殖もセーブします。

複層ガラス

室内の暖かさを外へ逃がさず、暖房効率をアップ。スタンダードな複層ガラス。

2枚のガラスの間に乾燥空気を閉じ込めたスタンダードな複層ガラスです。窓から逃げる暖房熱の量を減らし節電に貢献します。

ペアガラスのここがすごい

結露を減らせる

ジメジメとおさらば。

真冬や梅雨時期に、窓にビッシリつく結露。毎回拭くのは、すごく面倒だしキリがありません。といって、放っておくと壁やカーテンにシミやカビが発生します。
さらに結露は、建物の骨組みなどの腐食の原因にもなります。結露対策ガラスで、ジメジメとはおさらばの暮らし、検討してみませんか? 結露を防ぐには、室外との温度差を減らす窓ガラスが効果的です。一般ガラスは4℃程度になると結露が発生しますが、温度差を軽減する空気の層を挟むエコガラスなら-23℃にならないと結露が発生しません。結露対策の秘密は、断熱だったのです。
さらにいいことには、結露が招くカーテンや壁のカビ、ダニを防止し、住宅の寿命も延ばせます。
複層ガラスだから出来る。空気の層が主婦の天敵「結露」にも効く。外気を遮断して結露がないから一年中快適です。

冬暖かく過ごせる

一般的な1枚もののガラスの場合だと、窓から逃げていく熱は48%もの量になるそうです。エコガラスにすれば、2枚のガラスの中間層に蒸着した特殊金属膜の効果で、せっかく暖めた室内の熱が外へ逃げるのを遮断することができます。その断熱効果は、1枚もののガラスの約3倍。
さらにこの断熱効果で、冬場のイヤな結露などの弊害も驚くほど低減できるという、ダブルのメリットも手に入れられます。

冬の寒い日にこそ、断熱ガラスが外せない。断熱ガラスで手にする、エコで快適な暮らし、検討してみませんか?

心配停止の危険を防げる

ヒートショックの危険を抑えられる

急激な温度変化によって怒る血圧や脈拍の変動はヒートショックと呼ばれ、浴室における年間死亡者数は交通事故死亡者数の約2.4倍にものぼります。居室との温度差を解消することで、浴室での事故を未然に抑制することができます。

夏涼しく過ごせる

冷房を切った後も快適が続く

夏、帰宅した時に家の中が暑いのは、日中、屋外の熱が窓から家の中に入り込んでいるため。熱の侵入を抑えることで、室温の上昇を抑えることができます。

熱中症の危険を防げる

近年続く猛暑、酷暑。凄まじいほどの真夏の日差しも、ペアガラスの中間層に蒸着した特殊金属膜の効果で、一般的な単板ガラスの半分以下に遮断することができます。
夏に窓から入る熱は、家全体が受ける熱の70%以上だと言われていますが、エコガラスのこのすごい遮熱効果が、お住まいの快適な温度維持を約束します。
夏の暑い日にこそ、遮熱ガラスが外せない。
遮熱ガラスで手にする、エコで快適な暮らし、検討してみませんか?

ローエネな暮らしができる

エコガラスに交換して遮熱、断熱がうまく行われることで、冷房や暖房を使う時間や、温度が大きく変わってきます。高機能なエコガラスに交換するだけで、無駄なくエネルギーを扱える効果は、まさに省エネの王道。
エコガラスの熱管理で生み出す省エネ効果で、費用も暮らしも快適に。
遮熱、断熱から生まれる省エネが外せない。
お財布にも地球にもやさしい高機能ガラス、検討してみませんか?